ホーム  >  ハンディターミナルを使おう  >  八光社梱包運輸 物流とバーコード検品システム BHT-805のプログラム転送設定

ハンディターミナルを使おう

物流とバーコード検品システム - BHT-805のプログラム転送設定

プログラムファイル .PD4を 端末に転送する手順です。こちらも備忘のために書いておきます。

1.ドライバーのインストール



PCにDensoのActive USB-COM ポートドライバをインストール
USBでCU-821(光通信ユニット)に接続する。


2.ハンディ端末の設定



Shift+1を押しながら電源を入れる
4.Set System
5.Communication
1.Optical
→ 1.Parameter →transmit speed 115200
→ 2.Protocol →Serial on/ H.Parity Off / Linkup Time 30/ Field Space Ignore

2. Protocol Type
→ 1.Ymodem → CR/LF CR-LF/ CR/LF Code Control code / BHT ID none / Interval 30

3. Open com: Detail
→ Settings From API


3.ハイパーターミナルの設定



Windowsハイパーターミナル(hypertrm.exe)を起動。

接続の設定

接続方法: USBドライバをインストール時に設定されたCOMポートを指定
ビット:115200
データビット:8
パリティ:なし
ストップビット:1
フロー制御:ハードウェア


4.プログラムの転送


ハンディ側: Shift+1を押しながら電源を入れ、2:DOWNLOAD→1.FILEを指定

PC側:ハイパーターミナルから転送→ファイルの送信で、ファイル名を指定し、プロトコルにY-Modemを指定して「送信」を押す。



5.ハンディ同士でのプログラム転送



2台のハンディで赤外線をつかってプログラムをコピーできます。

送信側 Shift+1を押しながら電源を入れ、3.UPLOAD→3.HT<-->HT COPY指定
受信側 Shift+1を押しながら電源を入れ、2:DOWNLOAD→ONE FILEを指定して、転送するファイルを指定






棚卸・在庫管理・出荷検品・物流トレーサビリティでお悩みの方、物流センター業務をアウトソースしませんか?