ホーム  >  キーワードコラム  >  リコール対応サポート業務成功の秘訣

キーワードコラム

リコール対応サポート業務成功の秘訣

トランスコスモス株式会社 執行役員 営業統括第二本部長
野々村 正仁 様

2009年4月に長期仕様製品安全点検制度が施行され、同年9月には消費者省の発足が予定されており、消費者安全に関する状況は大きな変化を迎えています。

製品事故や製品の不具合が発生した後の対応として、リコール(製品回収など)を実施する際の方針決定・準備体制の構築・着実な回収の推進などは企業の信頼性に関わる重要なテーマとなっています。

しかしながら、そのような状況に対し、メーカーサイドがとるべき対策は明確化されていないのが現状です。メーカーにとって危急存亡の時。経験を生かし、お手伝いできることはなんでもさせていただきたいと思っています。具体的には、回収手配、購入者リストに基づく電話連絡、回収状況進捗管理、訪問回収、回収品の保管、検品、廃棄、返金手配などがあります。



特に正確な製品回収はリコールの肝です。データ管理責任者と現場倉庫責任者がどこまで信用できる人なのか、本当に大変なときだからこそ、もっとも気を遣って頂きたい点のひとつです。

i-flo/八光社とともにお客さまにサポートを提供して、お客さまの事業を支援して行きたいと思っています。

※ 役職、肩書はインタビュー時点のものです