ホーム  >  事業概要  >  物流ソリューション  >  [コラム]物流のヒント  >  ダンボールの製作について(材質)

ダンボールの製作について(材質)

ダンボール箱にいれてモノを送る際、ダンボール箱はどうやって入手していますか?
わたしたち梱包会社では毎日、ダンボール工場に

  1. サイズ :ミリ単位で測った寸法を伝え、
  2. 形 状 :箱の形状を決めて
  3. 材 質 :ダンボール紙の材質を指定し、
  4. 印 刷 :印刷の指定をして

個々に指定枚数ずつ作ってもらっています。(数百枚単位が多いですが、場合によっては1枚でも作成しています。)

材質


ダンボールの材質は、次の3つの要素を指定して製造します。 box01.gif
  1. 表ライナー・裏ライナーの素材
  2. 仕上がりの厚さ(中芯の厚さ)
  3. 中芯の素材




1. 表ライナー・裏ライナーの素材

Cライナー 再生紙を多く含んだ(90%以上)ライナー。強度的にはKライナーより劣りますが、価格的に安価。最近はほとんど見なくなりました。1平米あたり160gが一般的です。
  • C5 Cライナー用紙 平米160-170g
Kライナー 強度的に優れており、幅広い分野で使用されています。1平米当たり180g・220g・280gの3種類あります。
  • K5 Kライナー 平米180gの用紙
  • K6 Kライナー 平米220gの用紙
  • K7 Kライナー 平米280gの用紙

ダンボールの表面に色をつけた色ライナーもあります。


2. 中芯の厚さ(仕上がりの厚さ)= フルート
box02.gif

約5mmの厚さ (Aフルート)A段ともよびます
梱包用途の段ボールに最もよく使われる材質です。


約3mmの厚さ (Bフルート)B段ともよびます
小さい箱や内容物が軽い箱、そして印刷をきれいにのせたい段ボール箱に良く使われる材質です。


約1.5mmの厚さ(Eフルート)E段ともよびます
ギフトボックスなどの個装箱として使われるのが一般的です。


約8mmの厚さ (Wフルート)ダブルカートンともよびます
AとBを重ねた材質で、重量物などの箱に多く使われます。




3. 中芯の素材

下に行くほど固い芯です。固い芯を使うと、積み重ねができるようになるなど、箱が丈夫になります。

  • 160g
  • 180g
  • 180g強化
  • 200g強化



この要素を組合せて、「K6のA段、中芯160gで200枚」というように頼みます。